間取りを考える

グラフ

碧南に注文住宅を建てるつもりならば、マイホームの設計プランを考える必要があります。例えば、同じ間取りであれば、メーターモジュールのほうが広さがありますし、碧南の大手ハウスメーカーを中心に全盛で、ゆったりした廊下や階段のゆとりある家づくりが多く見られます。ですが、それだけ全体の面積が大きくなり、価格もアップします。反対に、これまで採用されてきた尺モジュールは、規格外となる建材などが使われていないので、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。もちろん、注文住宅ですから、規格外となる造りの建具などをしつらえたい家主もいるでしょう。どちらもメリットがありますが、部屋数と広い廊下、どちらを取るかという選択になるでしょう。将来のことも考えて決めるのがよく、家族構成によって設計プランは様変わりします。兄弟・姉妹がいる家族構成ならば、やはり部屋数が取れる尺モジュールがおすすめですが、女の子の場合には結婚して家を離れる可能性があります。男の子は結婚により同居を考えるでしょうから、その場合にはやはり尺モジュールがおすすめです。高齢の両親がいるのならば、車椅子と接触しないようにメーターモジュールがおすすめです。

焦らない契約

碧南にて一戸建ての注文住宅を建築するとなれば、大手ハウスメーカーや地元密着型の工務店に依頼することになります。現場は、着工していなくとも、すでにこだわりの材料発注が進んでいることもあります。契約時には、材料の発注時期についても書面に記載してもらいましょう。そうでなければ、仮に契約後にキャンセルしたくなった場合、すでに発注してしまっている分に関しては代金を支払わなければならなくなるからです。そこで問題になれば、さらなる費用が発生してしまいます。建築契約時には特に慎重にならざるを得ません。支払い条件も契約金をまずは支払い、着手金や中間金と続き、完成時の4回ありますから、問題ないかをチェックしましょう。また、注文住宅ですから、こだわればこだわるだけ引き渡し期日も曖昧になりがちですから、大幅に遅れた場合の違約金についても、書類に明記させておきましょう。碧南にて準備や申込みで注意すべきは、早く着工したいからと慌てて契約しないことです。最近は、地震や台風、そうした自然災害(天災)の不可抗力による損害に対する保障まで考えて契約することが望ましいといわれています。